Nereide Design Blog

比較的タイムリーな話題をじっくり取り上げる「長考型」ブログです。
スポーツは自由民主主義の産物であり、サラブレッドの血統は歴史的建築物に等しい文化遺産である、という考え方に基づいて執筆しております。
まれに勘違いをしている読者がいて困惑するのですが、これはただの一般市民のブログです。プロの物書きでもないので、自由に気楽に、あくまで趣味の範疇で書いております。サッカーについて書くのは、賃金を得ない門外漢の一般素人ファンでもこのレベルの文章は書けるという実践を通して、スポーツ紙記者等へのアンチテーゼとなるかと考えて当初より継続しております。
(ちなみにトラックバック、コメントについては、スパム以外は全て公開するスタンスで対応しておりますので、勘違いなきよう。)

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

「オス臭い」サッカー日本代表を選んでみる、オッスオッス

2010.04.12 Monday 00:22
今のサッカー日本代表に足りないものはたくさんありますが、どうも女性層を意識している感があり、男らしさ、男臭さ・・・いやいや「雄臭さ」という要素が欠けていると思うのです。

ジャニーズみたいなメンツでドログバみたいな野獣や、アッガーのような全身タトゥー野郎と戦えるのか、と考えると、やっぱり現状の日本代表はもうホイッスルが鳴る前から勝負がついているような気がするのです。
美少年キャラ、ネクラキャラ、無気力キャラ、いじられキャラ、というメンツが勢揃いですから、「国同士の喧嘩」に臨むに当たって「よし頼んだぜ」という気持ちにはなれんのです。

そこで「オス臭い日本代表」というコンセプトで選出してみました。



FW:播戸竜二、巻誠一郎
MF:大久保嘉人、中村北斗、中村直志、明神智和
DF:新井場徹、深谷友基、槙野智章、石櫃洋祐
GK:曽ヶ端準
どうでしょうか。このメンツの方が、「フットボーラーらしい」気がするんです。
現日本代表の面々よりも戦える気しがませんか? こいつらだったら3点差負けでも何か期待できそうな気がしてきませんか?いかなる展開でも「全員が全員を鼓舞する」情景が想像できますね(笑)。

なまじフリーキックやドリブルが上手い選手よりも、ひたすらプレースタイルが暑苦しいくらい「野郎ども」の方が戦いには向いていると思うのです。

勿論、このメンバーでの日本代表が実現するとは思いませんが、彼らの中から少しでも多く選出された方が、より「戦える」日本代表に近づくと思います。

続いてリザーブメンバーも選出してみました。
続きを読む >>
| サッカー | 00:22 | comments(14) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - 「オス臭い」サッカー日本代表を選んでみる、オッスオッス

すべらない話の域に達した岡田・俊輔トーク

2010.03.20 Saturday 09:00
普段サッカーを見ない人達にも是非知っておいてもらいたい、すごい日本人選手が出てきました。

本田圭佑です。
このスーパーゴールで「日本のクリスティアーノ・ロナウド」が現れたと世界中にサプライズを与えました。

このゴールは普通の試合でなかったから大変なのです。UEFAチャンピオンズリーグという(ワールドカップを除けば)世界最高の放映権料の大舞台でこの一撃。
本田は新興のロシアチームCSKAモスクワをベスト8に押し上げたのです。
フリーキックだけでなく、世界屈指のボランチ・ゾコラと対面やって一切当たり負けせず、孤軍奮闘ゲームメイクしたプレーぶりは絶賛ものです。
(試合は2:50すぎから。以降最後まで6分間、本田のプレー集になっています。)

仏紙レキップ「大きなサプライズ」
露紙スポーツエクスプレス「日本の神」「サムライの刀がスペイン人を貫いた」

元フランス代表ジダン

「GKの珍プレーのようにも見えるが、手元でボールが浮き上がっている」とGKのミスを否定し、「新しい選手を発見した」と笑顔
ジダン氏、本田を絶賛「新しい選手を発見」(サンスポ)

日本のマスコミは、中村俊輔のチャンピオンズリーグ・ベスト16(決勝トーナメント1回戦負け)を超えた、と騒いだのですが、

「日本人初とか興味ない。僕が目指しているところは、はるか上なんで。」


この青年、言う言葉がちょっと従来の日本のサッカー選手とはちょっと違うな、と感心します。
これなんですよ。強がりで「ベスト4」とか言うのとは全く違うんです。

英語でもしっかりインタビューに応じています。
続きを読む >>
| サッカー | 09:00 | comments(18) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - すべらない話の域に達した岡田・俊輔トーク

2002年ワールドカップの韓国戦、証拠もないのにネットユーザーが韓国の不正と騒いだ

2010.02.27 Saturday 17:27
・・・えー、タイトルは私の発言ではございません。
今時こんなブログを書く人もいるんですね。しかもまだ若いのに・・・いたわしい事です。

キム・ヨナ問題に絡めて、妙な言説を書く人がいるものです。

2002年サッカーワールドカップの韓国戦の誤審を日本のネットユーザーが執拗にとりあげて、証拠もないのにその原因を韓国サイドの不正に求めた
●後出しで勝手にマナーをねつ造してまで、勝者を貶めようとするこの病理は何なんでしょうね。
常に相手が韓国の選手やチームであるのも偶然とは思えません。
素直に敗北を認めない姿は本当に見苦しい。
セイキキ また始まった場外乱闘 コメント 2010年02月26日
--------------------------------------------------------------------------
一応、スケートについても話題を振ってみたのですが、こんな返事が来ましたよ、と。

・フリーの得点結果をみて、ジャンプでミスがあった真央ちゃんがあんな高得点を取れるのだから、日本によるジャッジサイドの工作もなかなか大したもんだ、と思いました。
・マスコミではまるで日本側の工作が「なかった事にされている」かのように、真央ちゃんの銀メダル獲得をひたすら賞賛ばかりしていますが。 2010年02月27日

・普通に見て、無実の人間に濡れ衣着せてるようにしか見えない
・どうもキム・ ヨナ選手に疑惑だけなすりつけて、五輪のほとぼりが冷めればほっかむりしそうな予感がするんですよね。
・まあ何にしろ、あなた方が俺を改心させたところで、フィギュアのポイントは変更されませんし、メダルの位置も動きませんので 
2010年03月01日

セイキキ また始まった場外乱闘 コメント
--------------------------------------------------------------------------
この記事についてはこのようなコメントを頂きました。
やはり根拠は提示できてないようですね。それから、日本代表への賛辞。それも日本側が接待攻勢で引き出したんじゃねえの?あなたの論法を使えばみんなこうなってしまう。あなたのような考えがスポーツを蝕む。 はてなブックマークコメント2010年2月27日
--------------------------------------------------------------------------
それから隠れてコソコソと私のことを罵倒している恥ずべき卑怯者を見つけましたよ、と。

なんだか香ばしいブログだな、と思ったが、ここまで馬鹿だとは思いませんでした。 usokiさんを槍玉に挙げていますが、それがもうメチャクチャ。また始まった場外乱闘コメント 2010年2月27日 本人(自称左翼)のブログ⇒上田亮の只今勉強中
言葉でシンプルに説明できないけれども、とにかく同族を保護したい、攻撃対象を罵倒したいという気持ちだけでこういう書き込みをする小学生っていますよね。
「槍玉」って何かね? 私は何か意見した訳ではなく、事実のみ列挙した。読み手に意思を委ね議論の余地を残す手法を好む。記事が「槍玉」に見えたという事は、その人がそう読んだというだけなのだ。

uedaryo   2010/02/28 14:11
何の反論にもなってない反論をどうも。
 
>長い歴史のある欧州のサッカーファンをバカにしてるんですかね?
 意味不明です。

>6〜9位って4つも入ってるんじゃないですか。>誤審
 では3位に入っているブラジル戦は? 3位ですよ!3位!

>対韓国戦の誤審は経験不足じゃないですよ、サッカーを汚すような、どう見ても「悪意」アリアリのあり得ないものばかり。
 決め付け。印象論。証拠がありません。

>韓国が絡む試合の誤審で大いに得をしたのは全て韓国です。

 ブラジルも得ばかりしました(対トルコ戦、対ベルギー戦)。
 韓国のベスト4が誤審にも助けられた、ほめられたものではないことは、私も否定しません。しかしそれを韓国サイドの不正や陰謀に結びつけるのには無理がある。

uedaryo   2010/02/28 22:54
だから韓国サイドの不正だ、というならば、韓国が“4位に終わったこと”は不思議ですね。なぜ優勝しなかったのでしょうか。今話題のキム・ヨナみたいに。
 2002年W杯の優勝国はブラジルです。そして、ブラジルの試合が誤審3位にランクインされています。ブラジルのほうが怪しいじゃないですか!

 また始まった場外乱闘コメント

※ブラジルサッカー連盟への御連絡先:http://www.cbf.com.br
トップページ 灰色のメニュー右から3番目の「Comunicação」をクリック。メーラー起動。
ポルトガル語翻訳エンジンで変換してメール送信すると良いかも。
--------------------------------------------------------------------------


そうですか。映像は証拠になりませんか。


ストイコビッチ 「スペインは2点取り消された。なぜか分からない。これは問題だ。」 「ホアキンはラインを割っていない。」


当時の英デーリー・テレグラフ紙は冒頭から怒りに満ちた衝撃的な書き出しでニュースを発信しています。

Warning: do not cheer for South Korea.
They have no right to be in a World Cup semi-final.
Spain should be playing Germany in Seoul.
The records say that the Koreans knocked out Spain in a penalty shoot-out in Gwangju on Saturday.
The records are a lie and this tournament has descended into farce.
警告:韓国に拍手するな。 彼らにはワールドカップ準決勝に出る権利はない。スペインこそがドイツと対戦していなければならない。
記録上は、韓国が土曜日にGwangjuでPKによってスペインをノックアウトしたことになっている。
この記録は虚偽だ。そして、この決勝トーナメントは道化芝居に成り下がった。

"What happened here was robbery," insisted Spain's Ivan Helguera
「ここで起こったことは、強盗だった。」スペイン代表DFイヴァン・エルゲラ

Korean miracle spoilt by refereeing farce (2002年6月23日 英デーリー・テレグラフ ポール・ヘイワード記者)
これはスポーツを伝える内容の記事でしょうか?

一方、もうひとつのホスト国、我らが日本は海外メディアにどう伝えられたのでしょうか。
続きを読む >>
| サッカー | 17:27 | comments(25) | trackbacks(2) | はてなブックマーク - 2002年ワールドカップの韓国戦、証拠もないのにネットユーザーが韓国の不正と騒いだ

ついに原博実まで悪魔に心を売り渡した

2010.02.20 Saturday 14:56
あの原博実(JFA技術委員長)が、「中村俊輔はかけがえのない存在で、代表に必要な選手」と発言しちゃったよ。


エスパニョールのMF中村が、19日の練習後に日本協会の原技術委員長と面談した。
原技術委員長は、
「ケガをしていると聞いていたので、それが心配だった。彼はかけがえのない存在で代表には必要な選手」と話した。
(「かけがえのない存在」原委員長が俊輔訪問 スポニチ2010年2月20日)


・・・もう、あの時の原博実は戻って来ないんだ。

hara's Comment 1 (2006年ドイツW杯、日本vsブラジル You Tube)
「俊輔気になりますねー。巻の追い方と全然違いますよ。」
(巻のボールカットに)「これですよね!この姿勢が(攻撃をカットできて)スローインになるんですよ。」

hara's comment 2 (2006年ドイツW杯、日本vsブラジル You Tube)
「ここ、ここ!俊輔行かないと出されちゃいますよー。」
「俊輔は自分で(パス)出せるん(選手なん)だから分かるはず。あそこ行かないと(ジウベルトに)ドンドン出されちゃう!」

hara's comment 5 (2006年ドイツW杯、日本vsブラジル You Tube)
「確かに(ロナウジーニョの)パスうまかった。でもその前の中村俊輔がもっと(ディフェンスに)いけるんですよ。」
「あそこ(中村俊輔が)行かないと、(フリーになったジウベルトに)点取られるんですよね。」

hara's Comment 4 (2006年ドイツW杯、日本vsブラジル You Tube)
 (中田浩二の投入に)「変えるなら中村俊輔の方でしょー。小笠原の方が攻守に効いていたのに・・・。」


続きを読む >>
| サッカー | 14:56 | comments(1) | trackbacks(1) | はてなブックマーク - ついに原博実まで悪魔に心を売り渡した

代表でラスト10分枠のFW佐藤、広島合流して圧巻の2ゴール

2010.02.19 Friday 07:00
これ相手がカターレ富山だったとしても、とんでもないゴール。
今の佐藤寿人は本当にキレキレ。いつでも点が取れる状態に仕上がってます。



相手DFと駆け引きするタイプの佐藤寿人はどう考えても先発スタート型。

佐藤のところまで一向にボールが届かないのに単独でどうにかしろというのは・・・。
こいつを相手がべったり引きこもるラスト10分で起用して、どうにかして点を取れというのは・・・。

サッカーを知らない人間が監督をやっている、というのは本当に不幸なお話。(@日本代表)

もういいや、広島ACLがんばれ。

寿人、李がゴール!広島快勝/練習試合 日刊スポーツ2010年2月18日
広島はJ2富山と練習試合を行い、快勝した。日本代表FW佐藤寿人が2ゴール、MF李忠成が1ゴールを決めた。
FW佐藤「代表合宿中はゲーム形式の練習も少なかったので、この試合で試合勘を取り戻せた。」
JUGEMテーマ:日本代表
| サッカー | 07:00 | comments(2) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - 代表でラスト10分枠のFW佐藤、広島合流して圧巻の2ゴール