Nereide Design Blog

比較的タイムリーな話題をじっくり取り上げる「長考型」ブログです。
スポーツは自由民主主義の産物であり、サラブレッドの血統は歴史的建築物に等しい文化遺産である、という考え方に基づいて執筆しております。
まれに勘違いをしている読者がいて困惑するのですが、これはただの一般市民のブログです。プロの物書きでもないので、自由に気楽に、あくまで趣味の範疇で書いております。サッカーについて書くのは、賃金を得ない門外漢の一般素人ファンでもこのレベルの文章は書けるという実践を通して、スポーツ紙記者等へのアンチテーゼとなるかと考えて当初より継続しております。
(ちなみにトラックバック、コメントについては、スパム以外は全て公開するスタンスで対応しておりますので、勘違いなきよう。)

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

[偽装実態]プロ野球の入場者数 (2009年10月7日神宮球場 東京ヤクルトスワローズvs 横浜ベイスターズ)

2009.12.15 Tuesday 12:00
数えてみたら100人くらいしかいなかった。(多めに見ても200人)
東京ヤクルトスワローズ公式ページ >試合情報 >スコアボード
2009年10月7日 東京ヤクルト - 横浜 天気:大雨 球場:神宮
観衆:7,408人
http://www.yakult-swallows.co.jp/game/archive/200910/20091007/index.html







以上の現実を踏まえますと、
ヤクルトスワローズの経営的に正しい選手年俸は「宮本慎也 314万円、青木宣親 371万円」
と算出されました。以下、根拠を簡単に解説していきます。
続きを読む >>
| 野球 | 12:00 | comments(13) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - [偽装実態]プロ野球の入場者数 (2009年10月7日神宮球場 東京ヤクルトスワローズvs 横浜ベイスターズ)

10年前にもいましたね、「日本一の投手になってから世界に挑戦・・・」

2009.10.26 Monday 11:53
またひとつ、将来性豊かな野球少年の純粋な夢が壊されました。
大人の事情で。

菊池雄星涙
「まだまだ、自分は世界に向けて通用しない。メジャーはひとまず封印。日本一の投手になって、日本の関係者、ファンの全員に認められてから世界に挑戦したい」

菊池雄星、涙ボロボロ…「日本一の投手になってからメジャー挑戦」(スポーツ報知)

河北新報 東北のニュース/18歳怪腕、涙の決断 菊池雄星投手が国内プロ野球へ


この表情を見て、挫折の意図を感じない人間はいないでしょう。

目の前まで来ていたメジャー入団の純粋な夢を菊池自身が諦めたのは、会見で口にした「実力不足だから」ではないのは明らかです。

「米国はマイナーリーグなど段階を踏んだ素晴らしい育成システムがある。やはり世界一のところだと思いました。」
菊池雄星 面接を終えて…一問一答(朝日新聞) 2009年10月21日

つい数日前まではメジャーの育成環境を好意的にコメントしており、それがメジャーを断る理由にはならないのです。

思い返せば、ざっと10年前にもこういう事がありまして、
続きを読む >>
| 野球 | 11:53 | comments(2) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - 10年前にもいましたね、「日本一の投手になってから世界に挑戦・・・」

“スポーツのJリーグ”と“興行のプロ野球” 降格システムについて

2007.05.20 Sunday 16:55
千葉、緊迫の1時間…サポーター400人が球団社長と激怒談判
拡声器を手にサポーターに説明する淀川社長。怒声がスタジアムを包んだ


野球しか知らない年齢層の人達からすれば、「サッカーはたかが応援団のくせに態度でかくて偉そうだね」という感情が真っ先に上がってくるようだが、こういう現象のあるなしこそがプロ野球人気低迷の最大の要因だと思っている。

まずJリーグにおける「4試合勝ちゼロ」という状況を、野球しか知らない層は「たかが4試合」と捉えており、認識のずれを生んでいる。

プロ野球は週に6試合、Jリーグは週に2試合。

1試合の重みが違うのは小学生でもすぐ分かる問題だと思う。野球に例えれば「12試合連続で勝ちから見放されている」状況がジェフの置かれている立場で、「4試合」のストレスはほとんどオリックス近鉄状態である。比較して2部のヴェルディによる「ラモス監督7連敗」が、いかに悲惨な状況かが推し量れるというもの。



いうまでもなく、「二部降格がある=チーム消滅の危機」というプレッシャーがあるから、観客はカンカンに怒るのであって、この簡単なシステムを理解できないと、「たかが応援・・・」という考えが出てくる。


二部降格のあるJリーグと無いプロ野球。
ここが“スポーツのJリーグ”と“興行のプロ野球”の違いだ。
続きを読む >>
| 野球 | 16:55 | comments(8) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - “スポーツのJリーグ”と“興行のプロ野球” 降格システムについて

高校野球関係者に見せたい「コーチ・カーター」

2007.03.24 Saturday 11:40
サミュエル・L・ジャクソン,トーマス・カーター,アシャンティ,ロブ・ブラウン,ロバート・リチャード
¥ 1,350
(2006-09-08)
Amazonおすすめ度:
純粋な高校生に金を渡したプロ野球はけしからん、とかそういう展開じゃもう日本人はだまされませんよ、と思うのは私だけではないでしょう。
高校野球を「教育のための部活動」としてやっていくなら、こういう映画を見てよく考えて欲しい。

高校野球に関わる人々には野球とバスケットと競技は違うものの、実に示唆に富んでいますし、スポーツ青春モノとして面白い映画に仕上がっています。

バスケットボールのコーチが母校の高校でバスケ部を立て直して快進撃という実話ベースのストーリーですが、日本の「スクールウォーズ」と違って、熱血でごり押しするのではなく、部員全員に「バスケの練習もするが、学業成績もしっかり成果を出します」という契約書にサインさせる、というのがいかにもアメリカらしい。これが後半の山場に効いてくる筋書きになっています。
続きを読む >>
| 野球 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(2) | はてなブックマーク - 高校野球関係者に見せたい「コーチ・カーター」

イチローが「いじめ撲滅発言」を行うおかしさ

2006.12.25 Monday 00:07

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(33)が23日、
日本全国で起きているいじめ問題に警鐘を鳴らした。

「いじめられている人を見たら、一緒に野球をしようと声をかけて」

イチロー いじめ撲滅へ「野球しよう」



イチローさん、
野球をしている人がいじめられていたらどうすればいいんですか?


なにやら最近、プロ野球の選手会が社会貢献なのか、おいしい売名行為になると踏んだか、よりにもよって「いじめ問題」に首を突っ込み始めているのが、個人的にはもうおかしくてたまらないのです。
続きを読む >>
| 野球 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(6) | はてなブックマーク - イチローが「いじめ撲滅発言」を行うおかしさ