Nereide Design Blog

比較的タイムリーな話題をじっくり取り上げる「長考型」ブログです。
スポーツは自由民主主義の産物であり、サラブレッドの血統は歴史的建築物に等しい文化遺産である、という考え方に基づいて執筆しております。
まれに勘違いをしている読者がいて困惑するのですが、これはただの一般市民のブログです。プロの物書きでもないので、自由に気楽に、あくまで趣味の範疇で書いております。サッカーについて書くのは、賃金を得ない門外漢の一般素人ファンでもこのレベルの文章は書けるという実践を通して、スポーツ紙記者等へのアンチテーゼとなるかと考えて当初より継続しております。
(ちなみにトラックバック、コメントについては、スパム以外は全て公開するスタンスで対応しておりますので、勘違いなきよう。)

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

今はスポーツをしている場合か?オリンピックに出ようとしている日本人アスリート達。

2008.04.10 Thursday 22:34
中国は侵略、占領をする。
アメリカもそれはしている。

だが、中国は、ここからが残酷である。

中国は、占領した他民族を「2級国民」と名づけ、さまざまな下級社会を模索した。
2級国民が受けたとする事例は以下の通り。

・事故をしても怪我をしても、病院に拒否されます。
・疫病が流行っても、そのまま死ぬしかない。
・災害に見舞われても、助けてくれません。保障もまったく無いのです。
・殺人事件が起きても、ろくに調べもせずに、事故で済まされます。
・強姦事件が起きても、知らん顔。
・詐欺・強盗事件が起きても、放置されます。
・妊娠しても、流産、死産にさせられます。
・裁判所は、必死に訴えても、即座に棄却されます。
・言論統制が厳しいですから、国家に背く言動をすると、警邏隊・軍隊を出動させられ、家族・親戚皆殺しにされます。
・就職・勉学も自由ではありません。強制労働をさせられます。

そんな恐ろしい国です。中国という国は。

漢民族・中国共産党の都合が悪ければ、「便衣隊」という兵士がニセ市民となって、暴徒化します。
偽者
外国の目を欺き、いかに自分たちの正義が正しいかとアピールし、市民を虐殺します。
そうやって自国への不満を解消していくのです。

汚物は消毒だぁ

中国共産党の支配のやり方はシンプルです。
「国土を占領し、文化を破壊し、資源を奪い、他民族が完全にゼロになるまでジェノサイド(大虐殺)を繰り広げる」。

鬼・悪魔どころの騒ぎではなく、極悪非道です。
本当にこんな酷い国は、世界で初めてです。ナチスドイツ、スターリン時代のソ連よりも恐ろしい国家です。


(↑ 17分と長いですが、チベット問題がコンパクトにまとまってます。)



マスコミの前に飛び出て、"涙の訴え"をした僧達の「その後の運命」は想像できますね。
覚悟をした上で彼らは叫んでいた。
若き僧達の涙は「その覚悟」から来ている。




ただ、自由に発言したい、宗教活動がしたい、と「人間として当たり前のこと」を求めただけなのに、こんな事をされる。

同じ隣国、「昨日のチベット」は、「明日の日本」であるかもしれないのだ。
どれだけ平和を愛する民族であるかないか、なんて中国共産党にとっては関係ない。
日本側の話題として私が気になるのは、聖火ランナーとして走る予定の元メダリスト達の主張である。

「スポーツと政治は無関係。」(だから、競技をさせろ、メダルが欲しい)
「オリンピックの為に4年間一生懸命練習してきた。その機会を奪って欲しくない」(だから、競技をさせろ、メダルが欲しい)
女子マラソンの有森やアーチェリーの先生など、個人的に虫唾が走る発言が多い。


日本人アスリートは平和のために発言、行動するのではなく、ただただスポーツをする。
(これは「変異型のプロフェッショナリズム」であると思うが、ゆえにオリンピック精神の根幹たるアマチュアリズムから最もかけ離れた人々である、と言えよう。)


日本人は「軍隊さえ持たなければ平和でいられる」、と信じている。
特に(真剣に知的教育を受けていない)アスリート達は"スポーツさえしていれば世の中は平和になる"と盲目的な教育を受けてきた。

平和のために何か行動するのではなく、スポーツさえやっていればいい、というように、彼らにとってスポーツは実に都合の良い「免罪符」に利用されてはいないか。


そうじゃないだろう。
「世の中が平和」という条件が「維持」されてはじめて「スポーツができる」のである。

「世の中が平和じゃない」時は「スポーツをしている場合ではない」。

オリンピックに出場するような社会的影響力のあるアスリートであるならば、なおさら真剣に考えなければならない。
それが義務である。

こんな時に声を上げないで、「何もしないで平和」を望んだり、「政治は関係ない」などと言ったり、考えたりしているスポーツ関係者は恥を知るべきだ。

JUGEMテーマ:ニュース
| 経済・政治・国際 | 22:34 | comments(3) | trackbacks(1) | はてなブックマーク - 今はスポーツをしている場合か?オリンピックに出ようとしている日本人アスリート達。

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday 22:34
| - | 22:34 | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

コメント(対話する姿勢のある方優先。)

フィギュアスケートのときにお伺いして、久しぶりにどうなっているだろうかと思って覗きに来ました。

最近、武林志という映画で美しい戦闘シーンを見せている戈春艶という人、実は八卦掌の大家で、北京の武術チームでジェットリーさんの先輩でもあるらしいのですが、にはまっていろいろ見ておりました。
そのうち、この人もジェット・リーさんもシンガポールに移住したこと、ジェット・リーさんは実はかなり熱心なチベット仏教徒だということを知りました。
共産党が破壊したのはチベットだけではなく、中国自身の伝統文化もあったと思います。

事実上、亡命なのだろうか?とかですね。われながら無知ですね。
| 3T | 2010/09/27 1:18 PM |
>酷使様 IPアドレス:113.20.228.87

アブラハムが息子イサクを神の生贄に捧げた逸話、および菅原伝授手習鑑の一説など、古今東西[重苦しくとも、忌むべきでない]逸話は多い。
事の中身を知らずして無理解に多民族を野蛮とみなすのは非常に愚かな思考である。

確実に言えることは、共産主義における組織的殺害ほど文化の存在しない、残忍なものはない事と、知識人を装った共産主義に限って他者を自分と同格以下に置きたがるということだ。
| 南 元彦 | 2010/09/18 12:17 PM |
はあ、なんだかまた2ちゃんDE真実の典型的なイタイブログを見てしまったようで・・・
そういえば急に吹き出たみたいなチベットブーム(笑)は今が全く聞きませんね。
ところで情報強者の管理人さんは虐殺される前のチベットには農奴制があったのをご存じですか?
奴隷には罰として目玉をくりぬいたりしていた未開の地だったんですよ。
もちろん虐殺を肯定するわけではありませんが、
中国側は「チベットを近代的にいろいろ整備した」と言っていますね。
あれ?これって韓国併合の時に「貧乏だったのを近代的にした!」って言ってるバカウヨ様と同じ言い訳じゃね?www
| 酷使様 | 2010/09/09 1:34 AM |

コメントする(ここは多数の大人が集う公開サロンです。場違いな発言は許可されていません。)










この記事のトラックバックURL

http://nereidedesign.jugem.jp/trackback/147

トラックバック

バスタオル1枚で女子大生が食堂へ!!『史上最強の女子大学生』(南京応天職業技術学院)

映像の中で、女の子は食事トレーを持ち平然とカウンター前をうろうろしている。地面に落ちた物をしゃがんで拾うというしぐさまで映されていた。 動画は、女の子が自分が撮影されていることに気付き、急いでカメラの前から逃げる場面で終わっている。
| バスタオル1枚で女子大生が食堂へ!!『史上最強の女子大学生』(南京応天職業技術学院) | 2008/04/17 12:29 PM |