Nereide Design Blog

比較的タイムリーな話題をじっくり取り上げる「長考型」ブログです。
スポーツは自由民主主義の産物であり、サラブレッドの血統は歴史的建築物に等しい文化遺産である、という考え方に基づいて執筆しております。
まれに勘違いをしている読者がいて困惑するのですが、これはただの一般市民のブログです。プロの物書きでもないので、自由に気楽に、あくまで趣味の範疇で書いております。サッカーについて書くのは、賃金を得ない門外漢の一般素人ファンでもこのレベルの文章は書けるという実践を通して、スポーツ紙記者等へのアンチテーゼとなるかと考えて当初より継続しております。
(ちなみにトラックバック、コメントについては、スパム以外は全て公開するスタンスで対応しておりますので、勘違いなきよう。)

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

パリ聖火リレーで女性障害者ランナーを襲った乱入者は中国側のスパイ?

2008.04.13 Sunday 01:01
乱入
中国人障害者女性ランナーからトーチを奪おうとするチベット人らしき男性。

行進
行進アップ
※当該男性が中国旗を持つ大陸の留学生らと仲良く歩いている。
 チベット旗帽子を被る同男性のほか、チベット旗を体にまいている男性もいる。
※右側にいる白人男性にも注目。

沿道
※先ほどの白人男性が、北京当局支援者のチームに入っている。


北京五輪リレーが海外で遭遇した抗議の波が中国国内で伝えられたのは、海外で中国人が赤い旗で歓迎する場面や、「チベット暴徒」が中国人ランナーからトーチを奪おうとする場面だけだった。

中でも、【パリでチベット旗の帽子を被る男性が障害者の中国人女性ランナーの手からトーチを奪おうとする一枚の写真】が、中国各報道機関及びニュースサイトで広く報道され、中国全土に愛国の機運が高まり、中国ネットユーザーらが、多くのサイト掲示板で、このチベット人らしき男性の身元について徹底に調査し、復讐行動を取ろうと考えた。

しかし調査の結果、複数の中国ネットユーザーが、中国国営報道機関に発表される写真の中から、リレーのルートに向かう直前の写真の中から、この男が【中国の国旗を持つ中国人留学生らしき集団と一緒に仲良く歩いている写真】を見つけ、男性は【中共当局が雇ったスパイで、チベット人に扮して中国人ランナーを攻撃したのは北京当局の偽装である】との説をネット上で展開した。

【反チベット人感情】が突然【中国当局への不信感】に転換し、北京五輪は中共当局の政治宣伝に利用される手段であるとの批判に一変した。

人民日報、身障者襲撃の行為を非難 2008-04-12 15:45:36
 中国「人民日報」は12日、「身体障害者を襲撃することは『チベット独立』勢力の人権か」と題する短評を発表しました。
 短評では、「パリで発生したオリンピック聖火リレーの妨害で、人々はこのいわゆる『人権』の真実をはっきり認識した。『チベット独立』勢力は身障者の聖火リレーランナーに暴力をふるい、オリンピックのトーチを奪おうとした。これは、ダライ・ラマ一味のいわゆる『自由』と『人権』の原形だ」と指摘しています。(翻訳:玉華)



中国国営テレビ局、CCTV2チャンネルによると、邱羽さん(在仏の中国人女性留学生)を取材したVTRの中、「留学生の友達の中に、顔の黒いチベット人に似ている一人が、毎日300ユーロの日給でチベット人に偽装してリレーを撹乱するようにと誰かに雇われている人がいる。もし撹乱の場面がテレビで撮られたら、給料がもっと上がる。」と話したという。

チベット独立運動の支援者たちが北京五輪聖火リレーをあらゆる手段を使って撹乱しようとしている事を非難するのが狙いだが、わざわざチベット人組織が中国人留学生を使ってまでチベット人のイメージを悪くするとは考えにくい。

ナチスドイツの国会放火事件が広く知られているように、【スパイを雇って暴力事件を起こさせ、それを口実に対象を弾圧するやり方】は、独裁体制の国家が民衆を迫害する一貫の手法。
天安門事件、法輪功弾圧につながった天安門焼身自殺事件、ラサ・チベット人放火騒乱事件、すべて同じ手段の繰り返しである。

偽者

レーニンの反革命分子弾圧の為の秘密警察「べーチェーカー」(通称、チェーカー)が行っていた弾圧作戦「トラスト」と同じである。
亡命勢力に浸透し、内部から過激な行動を煽り立て、武器まで集積させるなどした上で、「危険な暴力集団」として武力で鎮圧、一網打尽で全滅させる。

この、秘密警察チェーカーの指揮をとっていたのがジェルジンスキーで、後のKGBの始祖である。KGB本部にはジェルジンスキー広場がある。
この奸智を極めた弾圧作戦は大成功を収め、KGBの時代にも受け継がれていたという。



JUGEMテーマ:ニュース
| 経済・政治・国際 | 01:01 | comments(1) | trackbacks(1) | はてなブックマーク - パリ聖火リレーで女性障害者ランナーを襲った乱入者は中国側のスパイ?

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday 01:01
| - | 01:01 | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

コメント(対話する姿勢のある方優先。)


チベット人らしき男性は
わざと中国の留学生たちの前を
歩いて写真をとらせたのかも
| | 2008/04/19 5:05 PM |

コメントする(ここは多数の大人が集う公開サロンです。場違いな発言は許可されていません。)










この記事のトラックバックURL

http://nereidedesign.jugem.jp/trackback/148

トラックバック

障害者までも五輪工作に!

 オリンピックの為には、車いすの障害者すら利用する中国のおかしさは、この通りである。パリでチベット暴徒に襲われたと紹介しているが、自らの国民に嘘がばれ、逆に叩かれる事態に陥っている。日本でも、この障害者聖火ランナーの事件を報道していたが、ネット上ある
| Troubled days | 2008/04/23 2:07 AM |