Nereide Design Blog

比較的タイムリーな話題をじっくり取り上げる「長考型」ブログです。
スポーツは自由民主主義の産物であり、サラブレッドの血統は歴史的建築物に等しい文化遺産である、という考え方に基づいて執筆しております。
まれに勘違いをしている読者がいて困惑するのですが、これはただの一般市民のブログです。プロの物書きでもないので、自由に気楽に、あくまで趣味の範疇で書いております。サッカーについて書くのは、賃金を得ない門外漢の一般素人ファンでもこのレベルの文章は書けるという実践を通して、スポーツ紙記者等へのアンチテーゼとなるかと考えて当初より継続しております。
(ちなみにトラックバック、コメントについては、スパム以外は全て公開するスタンスで対応しておりますので、勘違いなきよう。)

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

僕らにだってカーリングをサポートできる!…らしいよ

2010.02.23 Tuesday 00:34
感動をありがとうと思うなら、寄付しろってお話。

日本のカーリングをもっと強くしたい!(Yahooボランティア)
トリノオリンピックで注目を集めたカーリングですが、まだまだ世界との実力の差は大きいものがあります。
世界との差を縮めるためには、多くの試合経験をつむことです。とくに、海外で強いチームとの対戦は欠かせないものです。
しかし、将来の日本代表を目指すジュニアチームを海外に派遣するには、多くの費用が必要になります。そんな未来の日本代表候補のジュニアチームのためにご協力をお願いします。


オリンピック本番、日本中がトップニュースでカーリングの勝敗を伝える盛り上がりを見せておりますが、今日現在で寄付金額13万円だもの。日本人って薄情なもんかな、と思いますよ。

この時点で432人が参加してるので人数割りすれば、実質は1人当りの寄付300円なんだよね。
日本代表として国を沸かせてる人達への感謝の形が「お賽銭に毛の生えた程度」でいいんですかね。
どうも寄付という行為に対する日本人の経済感覚がやたら渋いのはどうしてだろう。

好事家がぽんと10万円くらい募金してもいいと思うんだけどなあ。そんなお金余りまくってる人がいなくても、5千円、1万円なら気分次第で普通の人なら何とかなると思うんですよ。

寄付と言っても、訳の分からない貧しい人に恵んでやるんじゃなくって、ちゃんと行き先と目的がはっきりしてるんだから意味が全然違う。


かくいう私、家族関係である国のフォスターチャイルドなんかに関わってて、それはそれで楽しいもんです。
個人的にボランティアとか寄付ってのはお堅い慈善事業というより、実際に機能するのは「ファンクラブっぽい活動」じゃないか、と思っております。

だからカーリングも「寄付してね」だけじゃなくって、カーリング体験ツアーとか、競技に支障の無い範囲で大衆から定期的に集金するシステムを作った方がいいと思うんです。
企画ってのはあんまり無策にやるとトラブルになりますから、例えば「子供限定でカーリング娘に直接カーリングの指導をしてもらえる企画」とかね。
親子連れでスポーツ体験という大義名分ありつつ、カメラ持ったお父さん大喜び、と。

ニコ動なんかは有料会員だけが生放送番組で芸能人とコンタクトできるというような機能が付いているように見受けられますが、あれに近い形を取って、例えば「ブログは普段通り誰でも読めるが、コメント欄で会話的なコンタクトが体験できるのは有料会員だけ」とかね。
そういう「ファン心理をくすぐる仕掛け」を作っていければ面白いのになあと思います。

競馬の世界でも、勤勉なブロガー生産者は自分のファンを増やしつつ、生産馬をクラブ(愛馬法人)に提供して、そのファンに買ってもらう、という固定客ビジネスを確立しているところありますから。


寄付の形態は色々ありまして、最近はアグネスチャンで有名な「偽ユニセフ」こと日本ユニセフ協会を筆頭に、物議となった中田英寿のホワイトバンド基金(売上の95%が使途不明)、同じく真っ黒なドラえもん募金(ピースウインズジャパン)、と使途不明っぷりが凄まじくいかがわしい団体もございますが、このカーリングについては日本カーリング協会のホームページにもリンクがついておりまして、かなり直に繋がってるボランティア企画じゃないかという気がしています。

とりあえず、このYahooボランティアについては、寄付への対価が「カーリング娘の壁紙」という事になっていますが、ちょっとやる気が無さ過ぎやしないか

せめてお好みの選手を携帯待ち受けにできる、くらいはやってもいいと思います。(そんなもん、技術者なら半日あればできるはず。)
それなら遠征一回分くらいは寄付金集まるかもしれない。というか、それくらいの結果は出ても不思議じゃないくらいの露出っぷりなんだから。

JUGEMテーマ:カーリング
| スポーツ | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - 僕らにだってカーリングをサポートできる!…らしいよ

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday 00:34
| - | 00:34 | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

コメント(対話する姿勢のある方優先。)

コメントする(ここは多数の大人が集う公開サロンです。場違いな発言は許可されていません。)










この記事のトラックバックURL

http://nereidedesign.jugem.jp/trackback/202

トラックバック