Nereide Design Blog

比較的タイムリーな話題をじっくり取り上げる「長考型」ブログです。
スポーツは自由民主主義の産物であり、サラブレッドの血統は歴史的建築物に等しい文化遺産である、という考え方に基づいて執筆しております。
まれに勘違いをしている読者がいて困惑するのですが、これはただの一般市民のブログです。プロの物書きでもないので、自由に気楽に、あくまで趣味の範疇で書いております。サッカーについて書くのは、賃金を得ない門外漢の一般素人ファンでもこのレベルの文章は書けるという実践を通して、スポーツ紙記者等へのアンチテーゼとなるかと考えて当初より継続しております。
(ちなみにトラックバック、コメントについては、スパム以外は全て公開するスタンスで対応しておりますので、勘違いなきよう。)

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

列車死亡事故に思う

2005.04.28 Thursday 21:38

私の実家の沿線もJRで、同型の列車が走っており、この沿線の駅も使ったことがあるから他人事という感覚ではなく、人一倍ゾッとしたのだが、むしろ時間を追って死亡者のカウント数字がゲームのように加算されていく様に、またそれをアテモノのように話題にする我々に何よりも気味悪さを感じた。



安全崩壊:JR西日本惨事/上 同じ失敗許さぬ重圧



こういう記事を見ると、脳ミソ筋肉企業が引き起こした災害という点で雪印や三菱自動車あたりと一括できる。



役員たちがふんぞり返ってポケットに手を入れて安置所にやってきたとか、他に遺体を「持って帰りますか」と言った社員がいたとか、こういう話を聞くと、「心の教育が必要」なのはむしろオッサン達じゃないの、と言いたくなる。



・安全(危機管理)をケチる
・隠し事をする
・無意味な、非論理的な強制、教育



を実行すると甚大な被害をもたらす、という事。
別に関西に限らず、日本全体に伝統的にはびこっている病巣という感は強い。
JR西日本を批判できる立場にあるとはとても思えないのが、国民を情報操作し他国からの危険にさらしている報道(特に弛んでいるテレビ関係)や政治だが、彼らを形作っているのは我々国民一人一人の「非論理性」「体育イズム」ではないかと思う。



口先だけでお悔やみを済ませるならクルクルパーのオッサンやオバハンでもできる。
本当の鎮魂の意を示すのであれば、事件を教訓として一人一人が自らの心を改める、という事ではなかろうか。


| ニュース | 21:38 | comments(0) | trackbacks(1) | はてなブックマーク - 列車死亡事故に思う

スポンサーサイト

2011.10.02 Sunday 21:38
| - | 21:38 | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト

コメント(対話する姿勢のある方優先。)

コメントする(ここは多数の大人が集う公開サロンです。場違いな発言は許可されていません。)










この記事のトラックバックURL

http://nereidedesign.jugem.jp/trackback/33

トラックバック

「マスコミ批評」のカテゴリーを作りましょう。

 インターネットで個人が情報発信できるようになり、またブログが新たな情報発信の媒
| 雑談日記 (徒然なるままに、、。) | 2005/05/03 8:21 AM |